小さな胸でも綺麗に着こなせる術

小さな胸を強調しない!

デザインが気に入った服を試着してみたら、なんだか胸の部分がスカスカでイメージと全然違ったということはないでしょうか。胸の大きさの悩みは他の人には相談しづらいですし、一人で悩んでしまっている方もいらっしゃると思います。そんな小さな胸に悩んでいる方にぴったりの着こなし術について、ご紹介します。

まずNGなのが、胸を強調するデザインです。例えば胸に向けて深くカットの入ったVネックだと、胸元がスカスカになって見えてしまう可能性があります。また、ボディラインがわかるタイトなデザインの服だと、胸の大きさがしっかり出てしまいます。冬場のVネックセーターのようなアイテムは特に注意が必要です。着用する場合には、胸パッドを使用する、インナーを着用するなど胸元のカバーを忘れないようにしましょう。

小さな胸をアドバンテージに!

逆に小さな胸をアドバンテージとして生かせる着こなしもあります。胸元周辺にポイントを持ってくるスタイリングは特に小さな胸の方におすすめです。例えばハイウエストのスカートやパンツスタイルは、胸が大きいとより胸が強調されてしまい、アンバランスになってしまう恐れがありますが、小さな胸であれば胸が主張しすぎず、スタイルよく着こなすことができます。また首元にストールや大ぶりのロングネックレスなど華やかなアイテムを持ってくるスタイリングも、長さが長いアイテムを利用すれば、胸元に華やかさを足すことができます。さらに、胸元に切り替えのあるデザインや、装飾のあるデザインでも、胸が邪魔をしないのでデザインを生かして着こなすことができます。